基本情報 PR情報 見学会情報

県立精神医療センター



 新潟県立精神医療センターは、新潟県の精神医療の基幹精神病院として、さまざまな精神障害の診断、治療を行っています。
 また精神医療の多様化したニーズにこたえられるようアルコール依存などの中毒性疾患や児童青年期の精神障害にも対処できるような体制を整えています。
 外来は、一般外来の他に特殊外来として児童青年期外来、しへき外来、てんかん外来、セカンドオピニオン外来をもうけています。
 また、精神医療福祉相談、各種心理療法も行うことにより外来機能の充実を目指しています。
 入院患者様の早期の社会復帰や地域の患者様の社会生活の充実のために、デイケア機能の強化、訪問看護の充実をはじめとした様々な社会復帰活動にも積極的に取り組んでいます。

病院概要

設置体
  公共医療機関
病院種別
  専門病院
職員数
 239 人
看護職員数
 170 人
看護体制
  15:1
住所
 長岡市寿2-4-1
交通機関
 ◆ 最寄の下車駅 JR信越本線長岡駅
 ○ タクシーの場合
   長岡駅からタクシーで約15分
 ○ バスの場合
   長岡駅から越後交通精神医療センター行き約20分
 ○ 自家用車の場合
  ・北陸自動車道 中之島見附ICより約20分
  ・関越自動車道 長岡ICより国道8号線経由約20分
代表電話番号
 0258-24-3930
FAX
 0258-24-3891
URL
  http://www.psyche-niigata.jp/
メールアドレス
 
院長
 丸山 直樹
看護部長
 佐々木 美奈子
診療科目
  内科 精神科 歯科
病床数
 400
精神病床 400床
看護師の平均年齢
  41歳〜45歳
看護師の平均従事期間
  16年〜20年
院内の雰囲気
 「やすらぎとふれあいの医療」をキャッチフレーズに、患者様が安らげるようにアメニティを配慮した、明るく静かで落ち着いた雰囲気の、今までの精神科病院のイメージを払拭した病院です。

労働条件・環境

給与(初任給・昇給・賞与)
 ○初任給
 ・大卒   237,700円程度
 ・短大3卒 231,900円程度
 ・短大2卒 222,100円程度
 ※上記金額には、基本給、夜間看護手当、夜勤手当を含みます。
 ※このほか期末手当・勤勉手当及び状況により扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当等が支給されます。
 ※給与は学歴や民間の職歴等により、一定の基準で加算されます。
○昇給 年1回
○賞与 年2回(6月、12月)
 
休日、年休消化率
 4週8休・年次有給休暇(初年度15日)、特別休暇(結婚・夏季・介護・忌引ほか)育児休業、育児短時間勤務等
勤務体制
  三交代
福利厚生
 年1回の定期健康診断のほか、希望による人間ドックや各種がん検診、各種セミナー等を実施しています
また、保養施設は全国各地にある共済組合の施設を低料金で利用することができます
病気やけがなどの場合には療養費等の支給や、住宅取得、結婚などの際の低利貸付制度があります。
夜勤(回数、人数等)
 8回、2〜3人
新卒者が夜勤に入るまでの期間
 ここ数年は新卒者の配置がありませんが、ある場合は新潟県立病院の基準に準じます。
希望部署への配属の可否
 看護職員の意向調査を行い、実践したい看護・勤務希望部署を配慮した配置を心がけています。
院内保育施設の有無
  無:
レクレーション機会
 
他部署との交流機会
  有: 運動会・夏祭り・文化祭等の行事の企画・運営を通し、他部署との交流があります。また他部署の企画した研修会等にも参加しています。

教育研修

新卒看護師育成の概要
 ・県立病院における新卒看護師の育成においては、病院局と県立15病院が連携を図り、「新人看護職員研修」を実施しています。
・病院局が実施する研修は集合研修であり、各病院に配属された新卒看護職員を一同にして行います。新卒看護職員同士で情報交換を行うことで、新たな気づきの場となり、看護に対する視野の拡大に繋がっています。
・各病院においては、臨床看護実践能力を段階的にステップアップし、個々の成長へ動機づけることを目的にクリニカルラダーシステムを導入しています。
・また、新人看護職員研修ガイドラインに則り研修体制を整備し、新卒看護者の成長を支援しています。
プリセプター制の有無
  有:
病棟・院内の教育指導体制
 看護部教育委員会が中心となり、精神医療センター看護部教育体系に基づいた研修を企画し実施しています。
個人のスキルアップのためクリニカルラダーを導入し、看護師長による面接・評価を行っています。
また、院外講師の指導のもと看護研究を行い、毎年発表会を持っています。
院内の研修内容(講演会を含む)
 ・職員全員を対象とした、医療安全・感染対策・接遇・精神保健福祉法に関した研修会や講演会をそれぞれ年1回以上開催しています。
・看護部としては、現任教育を中心とした階層別研修、包括的暴力防止プログラム・アルコール看護・児童思春期精神科看護等の専門研修を年間を通じ行っています。
院外での教育、研修機会の有無
  有: 新潟県病院局、全国自治体病院協議会、日本看護協会、新潟県看護協会、日本精神科看護技術協会、新潟県精神科看護技術協会主催など多数。スペシャリスト育成に向け、日本看護協会、日本精神科看護技術協会の認定看護師養成研修に派遣
お気に入りに追加
お問い合わせ
病院連絡先
・代表電話番号:0258-24-3930
・FAX:0258-24-3891

お問い合わせフォーム

文部科学省 平成20年度採択 戦略的大学連携支援事業 共生型大学連携による新潟県の人材確保・養成の短期的及び包括的施策による地域貢献 
看護系大学タスクフォース