基本情報 PR情報 見学会情報

見附市立病院



 見附市立病院は市内に病院が欲しいという市民の願いから設立された病院であり、見附市の「医療・福祉の里」構想の中心施設として開院しました。
 主に急性期医療、高度先進医療、救急救命センター機能を担う市外の病院と「病病連携」、市内の診療所と「病診連携」を図り、「市民に信頼され、愛され、地域とともに歩む病院」を目指しています

病院概要

設置体
  公共医療機関
病院種別
  一般病院
職員数
 126 人
看護職員数
 72 人
看護体制
  10:1
住所
 見附市学校町2-13-50
交通機関
 北陸自動車道 中之島見附ICより15分
JR信越本線 見附駅よりバス5分
代表電話番号
 0258-62-2800
FAX
 0258-61-1700
URL
  http://www2.city.mitsuke.niigata.jp/hospital/
メールアドレス
 
院長
 南村哲司
看護部長
 中山豊子
診療科目
  内科 神経内科 外科 小児科 整形外科 形成外科 脳神経外科 放射線科
病床数
 94
看護師の平均年齢
  41歳〜45歳
看護師の平均従事期間
  11〜15年
院内の雰囲気
 お互いの顔が見えるアットホームな一般病院です。地域の方々と触れ合い、看護を通してともに成長していきます。お互いが支え合い、人が育つ環境を目指しています。是非一緒に働きませんか!

労働条件・環境

給与(初任給・昇給・賞与)
 初任給 専門卒180,500円 短大卒188,900円 大卒201,100円
本給の他に住居手当、通勤手当、夜間勤務手当、寒冷地手当、扶養手当が加算されます。
昇給:年1回、賞与:年2回(6、12月)
休日、年休消化率
 有給休暇 初年度15日 次年度より20日
他に夏季休暇(4日)、育児・介護休暇、特別休暇(忌引き・婚姻・産休・育休)
勤務体制
  その他
希望により2交代、3交代、夜勤専従(手当有)
福利厚生
 職員宿舎あり(単身・家族用)
夜勤(回数、人数等)
 3交代:8回/月
2交代:4回/月
夜勤専従:3交代の場合18回まで、2交代の場合9回まで※夜勤専従手当有
新卒者が夜勤に入るまでの期間
 
希望部署への配属の可否
 ライフサイクルや個人が優先したい多種多様なニーズに合わせた配属部署選定。
院内保育施設の有無
  無:
レクレーション機会
  有: 市職員としてスポーツ大会等
他部署との交流機会
  有: 病院親睦会による歓送迎会・忘年会等

教育研修

新卒看護師育成の概要
  プリセプターがガイドラインに沿って1年間新人看護師に関わっています。
 170時間を超える集合教育(講義・演習)、他職種体験学習、院内短期留学などがあります。
プリセプター制の有無
  有:
病棟・院内の教育指導体制
  当院では看護師の「人材活用」と「能力評価の根拠を示す(人事考課)」ことを目的とした「ジェネラリストのためのキャリア開発ラダー」を実施しております。
 看護は、患者対看護師という「ひと」と「ひと」の関わりです。質の高い看護を提供するためには、単に看護師の人材育成、教育という考え方だけでなく、「個々の看護師が個人のライフサイクルに応じた能力を発揮し、組織の課題との統合を図りながら、職業を通して自己実現に向けた活動を行う」考え方で取り組みを始めています。

 各種認定取得や進学、外部研修の受講、学会発表を積極的に支援します。
 また、指導者、看護管理、輸液管理、皮膚排泄ケア、感染対策実践などの院内研修を行っています。
 なお、准看護師から看護師資格取得者には、キャリア支援を行います。
院内の研修内容(講演会を含む)
 ●看護研究発表会
年1回 院内発表や院外発表に挑戦しています。日ごろの業務について、疑問なところを調べ研究的視点でまとめています。

●院内救急研修
 ”あっ!どうしよう!いざという時のBLS!あなたが命を救う!”一時救急法 講義・演習

●地域との合同検討会
当院では地域との連携に積極的に取り組んでいます。地域の施設・行政・病院との月1回の会議に参加し、情報交換や事例検討会、学習会、連絡会議を行っています。

院外での教育、研修機会の有無
  有:
お気に入りに追加
お問い合わせ
病院連絡先
・代表電話番号:0258-62-2800
・FAX:0258-61-1700

お問い合わせフォーム

文部科学省 平成20年度採択 戦略的大学連携支援事業 共生型大学連携による新潟県の人材確保・養成の短期的及び包括的施策による地域貢献 
看護系大学タスクフォース