基本情報 PR情報 見学会情報

小千谷総合病院



小千谷総合病院を母体とし関連施設として附属十日町診療所、介護老人保健施設水仙の家、訪問看護ステーション、居宅介護事業所、小規模多機能型居宅介護事業所を併設する財団法人です。病院のあゆみは長く明治24年に開設し今日まで地域医療を担い地域になくてはならない医療機関として住民の命と健康、生活を守ってきました。長岡市から車で30分位の所に位置しているので長岡市の病院との連携、市内の開業医との連携など積極的に取り組んでいます。平成16年には中越地震に見舞われましたが、職員が一丸となって患者さんの安全を確保し早期復興を遂げました。
医師不足、看護師不足の現状においては、一人でも多くの看護師の仲間を募り「看護の力」が発揮できるようにしていきたいと思っております。
新卒者が不安を抱えて就職されてきますが、新人教育には一番力を入れていますので、安心して勤務することができます。是非、自然と人の優しさのあふれる小千谷の地で一緒に働きませんか。

病院概要

設置体
  その他
病院種別
  一般病院
職員数
 342 人
看護職員数
 176 人
看護体制
  10:1
一般病棟入院基本料2 障害者施設等入院基本料2
住所
 小千谷市新潟県小千谷市本町1−13−33
交通機関
 〜電車でご来院の方〜
JR小千谷駅下車→小千谷市本町・十日町方面のバス乗車→本町中央バス停で下車徒歩1分。
タクシーをご利用の方は約5分程度です。
〜お車でお越しの方〜
関越自動車道小千谷インターより5分。
代表電話番号
 0258-83-3600
FAX
 0258-82-6223
URL
  http://www.ojiya-hospi.or.jp
メールアドレス
 
院長
 家里 裕
看護部長
 込田 啓子
診療科目
  内科 眼科 神経内科 耳鼻咽喉科 外科 小児外科 小児科 整形外科 皮膚科 婦人科 泌尿器科 放射線科 リハビリ科 麻酔科 健康診断 人間ドック
病床数
 287
一般病棟287床
看護師の平均年齢
  41歳〜45歳
看護師の平均従事期間
  11〜15年
院内の雰囲気
 一人ひとりの職員が期待する職員像“チャレンジ”“コミットメント”“コラボレーション”を目指して頑張っています。看護職の年齢層は20代15%、30代25%、40代30%、50代30%位です。結婚、子育てと働きやすい・働き続けられる職場作りを目指して取り組んでいます。職員間のコミュニケーションも良くアットホームな雰囲気で地域に根ざした保健・医療・福祉サービスの充実に努めています。

労働条件・環境

給与(初任給・昇給・賞与)
 初任給:196,000円 昇給:年1回 賞与:年2回 
休日、年休消化率
 週休2日
勤務体制
  三交代
8:30〜17:00、16:30〜1:00、0:30〜9:00
福利厚生
 ・支度金制度あり 新卒者30万円 中途採用者20万円(夜勤可 能者)
・各種保険制度加入(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
・定期健康診断…年1回実施
・退職金制度あり(勤続2年以上、財団の退職金支給規程に拠る)
・医療費助成制度あり(財団の支給規定に拠る)
・育児休業、介護休業、特別休暇
・リフレッシュ休暇(年3回)、永年勤続休暇(財団の規定に拠る)
・子育て支援制度として未満児保育手当1万円支給
・夜勤時のタクシー代補助制度あり
・食堂・売店・理容室(外部委託)
・クラブ活動…野球部・鳴子クラブ等
・行事
 6月:ふれ愛デー(創立記念日行事)
 8月:生ビールパーティー
 12月:クリスマスパーティー
夜勤(回数、人数等)
 月5回から8回位
2人夜勤の病棟(慢性期)と3人夜勤(急性期)の病棟
新卒者が夜勤に入るまでの期間
 新人看護師が病棟の夜勤メンバーとして業務に就く時期は「夜間看護」の研修を終えた7月からです。
最初は夜勤メンバーにプラスαとして先輩看護師と一緒に入ります。個人差のあるのでケースバイケースで対応しています。
希望部署への配属の可否
 面接試験時に希望を聞きます。
その時に希望がはっきりしていれば希望部署に配属を考えます。
最初は病棟配属になります。定期のローテーションは3年に1回
です。
院内保育施設の有無
  無: 未満児保育手当を10,000円支給
レクレーション機会
  有: 生ビール大会、クリスマスパーティー、創立記念祭など
他部署との交流機会
  有: 法人の新人全員の教育の機会、市内企業の新人との交流会

教育研修

新卒看護師育成の概要
 新卒者の教育を担当するプリセプターが集合教育、職場内教育を実施するプリセプティサポートチームがあります。6ヶ月間を目安に教育が予定されています。入社前内定者教育、入社時教育、導入時教育、医療安全教育、コミュニケーション研修など看護職として社会人として必要な教育を段階的に実施しています。
プリセプター制の有無
  有: プリセプター育成教育を受講して新人の受け入れを準備します。
病棟・院内の教育指導体制
 教育体系に基づき実施
法人の教育体系、看護部教育体系、新卒者教育体系により段階的組織横断的に教育のプログラム化がされています。
プリセプター制度の実施【新人看護職員支援(職場適応サポート、メンタルサポート)体制の整備】
看護部継続教育理念−一人ひとりが描く看護の実現に向けて
新卒者は各職場で行われるOJTで先輩看護師より指導を受けて一人前になっていきます。個々の成長に合わせたきめ細やかな指導で安心して基本的な知識・技術・態度を修得していきます。当院に就職したかけがえのない一人ひとりをしっかりとサポートします。
院内の研修内容(講演会を含む)
 各種研修会 
1.医療安全に関するもの
2.感染防止に関するもの
3.接遇に関するもの
4.医学的知識に関するもの
5.集談会(実践報告会)
6.ケーススタディ発表会
7.伝達講習会
8.救急法について
9.各委員会・会議で企画した研修会など
院外での教育、研修機会の有無
  有: 看護協会の研修会、民間の研修会など
お気に入りに追加
お問い合わせ
病院連絡先
・代表電話番号:0258-83-3600
・FAX:0258-82-6223

お問い合わせフォーム

文部科学省 平成20年度採択 戦略的大学連携支援事業 共生型大学連携による新潟県の人材確保・養成の短期的及び包括的施策による地域貢献 
看護系大学タスクフォース